賃貸契約と家賃保証|目指せ全戸満室|アパート一棟買いで経営を始めよう

賃貸契約と家賃保証

電卓とお金

連帯保証人不要の賃貸契約

賃貸物件を契約する際に、賃借人は家賃の支払いが滞ってしまった時に保証してくれる連帯保証人を立てる必要がありました。多くの賃貸契約で必要とされてきたこの連帯保証人というシステムですが、最近は個人ではなく企業に保証を依頼するケースが増えています。家賃債務保証と言って、連帯保証人のかわりに保証会社が万が一の場合に家賃の返済を行ってくれるというものです。家賃債務保証が人気となっている背景には、核家族化によって連帯保証人を頼める人がいない高齢者や若者の増加があります。連帯保証人を立てられなければ賃貸契約が結べないという問題を解消してくれる画期的な方法です。収入面でも問題がないにもかかわらず、保証人がたてられないといった理由で契約できなかった人にとって、とても便利なシステムと言えます。

保証会社の利用と審査

家賃債務保証会社を利用するためには、審査が必要となる場合がほとんどです。これは、契約者の支払い能力などを調べるために欠かせない審査です。運転免許証や源泉徴収票などを提出してもらい、支払い能力などを確認することで信頼できる相手であるかどうかを見極めます。審査とはいえ、簡単なものでよほどのことがなければ通過できます。ただし、これまでに滞納したことがある人や公共料金などの未払いが確認されると、審査は通りにくくなってしまいます。家賃債務保証会社の中には、クレジットカード作成や口座引き落としを条件としているところもあります。クレジットカードが作れない場合は、審査も通過できないケースも少なくありません。家賃債務保証会社は、万が一の場合のリスクを背負うわけですから、信頼できる相手であるかを見極める必要があるのです。