マンションに投資|目指せ全戸満室|アパート一棟買いで経営を始めよう

マンションに投資

マンション

マンション投資といっても区分所有と全所有の2種類があります。一般的に区分所有であれば、数千万円程度の資金で始めることができますが、全所有となると億単位の資金が必要です。しかし、億単位の資金を投じるだけの価値はあります。一般的にマンション経営をする上では、誰かがそこに住んでくれ賃料を支払ってくれることで収入を得ることが可能になります。このためマンション経営では空室率が最大の敵ともいえます。この点で区分所有にしても全所有にしても複数の部屋を有している方が空室率の急激な上昇を避ける上でメリットがあります。また全所有の場合にはマンション経営を効率化する上でも有利ですし、また老朽化によって大規模修繕や再開発もし易いといったメリットもあります。

マンション経営のポイントとしては、第一には需要の有無です。需要がなければ収益化は難しいといえます。このためその地域にマンションを建てた場合に十分な入居者が見込めるかがポイントになります。また地域性によって部屋の間取りなども変わってきます。単身者が多い地域ではワンルームなどの比較的間取りが少なく賃料も抑えられているものの方が入居率は良くなります。ファミリー層の需要のある地域であれば周辺に学校などの公共施設や買い物が出来る施設があると魅力が高まり入居率を高めることができます。このようにマンション経営をする場合にはその地域の状況分析が重要で、また将来にどのように需要が変化するのかを予測する必要があります。